Feeds:
投稿
コメント

Archive for the ‘観察会の様子’ Category

台風の影響で、あいにくの曇り空、そして雨。
ひがたであそぼ!干潟観察会は、はじめて雨に遭遇しました。
参加者もぽつぽつといつもの3割程度で30名ほどとなりましたが、お越しいただき、ありがとうございました。

貴重なシーン、タイワンガザミの脱皮が見られました!

当日観海閣では竹燈夜の準備が行われ、あしべ屋妹背別荘にておはなしの会があり、その傍らで、干潟の生き物をモチーフにした切り絵ワークショップを開催させていただきました。
img_1065

切ったいきものたちは、染色家の土井知子さんの作品とのコラボ展示で、やさしい雰囲気が漂いました。自然とこどもたちが集まってくれて、中には「wakaura」という文字の力作もあり、大人の方も楽しんでくださいました。

ワークショップを快く引き受けてくださった池田さん、ありがとうございました!
根強い人気のきいちゃんも和歌の浦へ。
皆さま雨の中、おつかれさまでした。

広告

Read Full Post »

今回は、いつも以上に和歌の浦干潟がにぎわっていました。
南紀生物同好会と阪神貝類談話会の観察会と、ちょうど重なったのは初めてのことです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

古賀先生、いつもありがとうございます。

古賀先生、いつもありがとうございます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
美しい山の稜線を眺めながら、生き物はもちろん、干潟を歩く感覚や潮の香りなど、こどもたちと五感を養いながら干潟を楽しんでいます。

次回は2016年9月18日(日)13:00~
合わせて絵画イベントを考え中です!

Read Full Post »

涼しい夜に鼻をすすりながらの投稿です。
今日は朝10時から干潟観察会を行いました。
三断橋を続々と家族連れの方が歩いてきてくださって、主催側として嬉しい限りでした。90名近いご参加をいただきましたこと、ご報告させていただきます。
毎度終わりは自由解散ですが、初めての方にはわからないこと・・反省点多々ありで次回に活かしたいと思います。足の洗い場ももうひとつあればいいのですが・・ご不便をおかけして申し訳ございません。

お越し頂いていた朝日新聞の方や先日のNHKの取材のあとも考えていたのですが、普段から「わかのうらひがた倶楽部」と名乗りながらメンバーは特定していない状態なので、今後メール会員などの形で皆様にもっとわかりやすく発信して行けたらと思っております。よりよい形が定まりましたら当ブログで改めてお知らせさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

今日の観察会の様子はこちら☆(写真の元データが欲しい!という方はコメントくださいね)




参加者の皆様にお声がけできなかったのですが、「どうやって観察会を知ったのか」尋ねてみますと、わかやまイベントボードやニュース和歌山を見て来てくださった方がいらっしゃいました。また、こちらのブログを見て頂いて毎回欠かさず来て下さる方も・・。うれしいです>_<。

ぜひ今日出会った生き物のことを周りの方にも伝えてくだされば幸いです。
今後、地域の保育園や幼稚園、学校関係の方々にも発信し、幅広い視野を持って長く開催していけるよう努めます。皆様のご意見・ご感想をお寄せください。
本日はありがとうございました!!

Read Full Post »



2011年5月1日(日)、ぎりぎりまで雨が散らついてお天気が心配でしたが、なんとか保って無事観察会を終えることができました。ありがとうございました!

小旅行や帰省も兼ねて京都や奈良からも遥々お集りいただき、70名ほどご参加いただきました。今回広報はリビング新聞社さま・ニュース和歌山さまにご協力いただき、新しいご家族連れの方がたくさんお見えでした。ありがとうございました。また、観察会の様子を取材してくださった朝日新聞社さま・リビング新聞社さま・わかやま新報さまもありがとうございました。記事をたのしみにしております。

たくさんご参加いただいた中で特に印象的だったのは、地元の70歳くらいの男性のご参加でした。新聞での案内をご覧になり、幼少時によく不老橋から飛んで遊んだり潮干狩りをしたことが懐かしくなり参加した、とお話しくださいました。
観察会を担当していて、お子様連れの方や地元の方にもっとお越し頂きたいという思いがあるので、とてもうれしい出来事でした。

■今回の新たな試み
・古賀先生の生物学教室の皆様にご協力いただき、生物の写真と名前を表示したパネルを用意していただきました。

・県の教育委員会の方に、県指定文化財としての和歌の浦について、少しお話いただきました。

■次回からの新たな試み
観察会をはじめる前に15〜30分、皆でゴミ拾いをしてから干潟に入りたいと思います。

■気になること
・終わったあとの観海閣の床掃除
・ 駐車場のこと
・天候不良で中止の際の連絡について




++ご意見・ご感想をお待ちしております+++
今回の干潟観察会と生物調査はいかがでしたか。
年に2回の観察会、次回は秋になりますが、改善していけること、また良かった点などお気づきのことがありましたらコメント欄にお寄せください。
どうぞよろしくお願い致します。

Read Full Post »

今日も晴天に恵まれ、無事干潟観察会を行うことができました。

地域新聞でのお知らせが前日になり、集まっていただけるか心配していましたが

50名様のご参加を頂き ほっとしました。ありがとうございました!


こどもの表情に、毎度のことながら釘付けになります。
生き物を自分で見つけるという小さな冒険、泥に触れ干潟を踏みしめる感覚、
潮の香り、干潟は五感を刺激してくれるようです。
大人の方も童心に帰って、真剣に干潟で遊んで頂いているようで嬉しい限りです。

次回は春 (5月か6月) になりますが、和歌の浦の景観についての講演や参加型の
イベントを盛り込み、より楽しく深く和歌の浦のことを知って頂けるよう企画
したいと思っています。どうぞお楽しみに^^

このほか本日の観察会の様子は、右バーの [ひがた写真館] でお楽しみください。

Read Full Post »

今日は前回より少なめで40名ほどのご参加でしたが、日本国際湿地保全連合様に

ご後援をいただき、初めて生物調査を同時に実施することができました。

ご協力いただいた皆様方、本当にありがとうございました。

講師は毎度お世話になっている和歌山大学教育学部の古賀先生です。

ウミニナが這ってる這ってる・・

カニのバケツを撮らせていただきました。

いただいた特典を見ながら調査しました。

調査の報告は、また後日UPいたします。

おつかれさまでした!

Read Full Post »

今回も多数の方にご参加いただき、干潟に触れて頂くことができました。
みなさま楽しんでいただけましたでしょうか。

次回は春に計画しております。
お楽しみに!

Read Full Post »